《ボッベル毛糸ってどんな糸?》



こんな風に巻かれた毛糸が「ボッベル毛糸」と呼ばれています。




「ウーリー ハグス」の「ボッベル コットン」でボッベル毛糸の仕組みをご紹介していきます。

200gで800mですから、皆様おなじみのソックヤーンの約2倍の分量の毛糸になります。

比べてみると・・・一目瞭然



一玉が大きいのがお分かりいただけると思います。

巻は大きいのですが、糸の太さは、4本撚りソックヤーンと同じ太さの「中細」毛糸となっています。

素材はコットン・アクリル混紡ですから、とっても柔らかくサラサラすべすべな肌触りです。

そして、この毛糸の最大の特徴はその色変わりにあります。

まずは、「ボッベル コットン」で編んだ作品を一つご紹介しましょう。



涼しげなグラデーションがとても美しいショールですが、実はこのグラデーションは染色ではなく「糸の引きそろえ」で生まれているんです!!

その引きそろえの方法を図解してみました。


「ボッベル コットン」毛糸は4色の単色糸からできています。



このボッベルでは、外側からボルドー、赤、灰色、白の色が見えています。



そして、写真の通り4本の糸を引きそろえて巻いてあるのですが、糸の色をずらして巻いてあるのがグラデーションが出る秘密です!!

それを図解すると以下のようになります。



4色の糸をずらして結んだ4本の糸を引きそろえた毛糸で編むと、徐々に色が混じっていくことでグラデーションが掛かっているように見えます。

以上がボッベル毛糸の仕組みのご紹介になります。

長文、お読みいただきありがとうございました。

追記:ここでご紹介いたしましたのは、標準的なボッベル毛糸の仕組みになります。現在、様々な種類のボッベル毛糸が生産販売されていますので、ここに記載した特徴と異なるボッベル毛糸も多数存在します。各毛糸の構成・仕立につきましては、商品ページなどをご覧いただきますようお願いいたします。